アラフィフのふだん着たのしみスト*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。49才、157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

耳かざりをお送りするまでの流れ

 

 

baseというところで

「えふ」という

耳かざりのネットショップを

開いています。

https://fumikino.base.shop/

見染めていただいた耳かざりは、

こんな流れでお送りしています。

 

 

 

イヤリング金具への付け替えは

無料です。

 

金具の交換はもちろん、

元の雰囲気をこわさないよう、

こんなふうに何らかの形で、

長さも足しています。

f:id:LONGSLEEPER:20191102161458j:image

最初はいつもピアスとして作っているので、

ピアス金具をイヤリング金具に変えただけだと、

どうしても長さが短くなってしまうのです。

(ピアス金具のままをご希望の方には、

新品の金具に変えさせていただいています) 

 

 

できました!

f:id:LONGSLEEPER:20191102161454j:image

試しづけもしてみて、

・長さは足りているか

・もとの雰囲気を壊していないか

を確認。

 

 

リネンガーゼの布に縫い付けて

(ピアスの場合は「通して」)

お送りしてます。

できあがった耳かざりを布の上に置き、

「F」のハンコをどこに押すか

位置の確認をします。
f:id:LONGSLEEPER:20191102161442j:image

 

 

ここがバランス良し、

というところに押します。
f:id:LONGSLEEPER:20191102161450j:image

 

 

耳かざりに合った色の糸を選んで

縫い付けます。

(この場合は茶色)

f:id:LONGSLEEPER:20191102161501j:image

耳当たりが少しでも痛くないよう、

イヤリング金具には

パッドもお付けしています。

 

 

包装は毎回、きのしたの気まぐれで

ちょっとずつ変えています。
f:id:LONGSLEEPER:20191102161445j:image

 

 

このときは、

東欧のビンテージの袋と、

ロシアのバスチケット、

活版印刷のメッセージカード。
f:id:LONGSLEEPER:20191102161435j:image


f:id:LONGSLEEPER:20191102161438j:image

袋の下にはベトナム語のハンコ。

毎回きのしたのシュミ全開で包装してます。

 

 

そしてエアクッションにお包みして、

スマートレターにお入れしたら、

ポストに投函、という流れ。

無事、お届けできますように。

 

 

 

********

 

 

また「しょうぶ学園」に

ご寄付できました!

f:id:LONGSLEEPER:20191106135317j:image

 

耳かざりの売り上げの10%を

いつも寄付させていただいています。

 

耳かざりお買い上げのみなさま、

ありがとうございました(//∇//)

 

 

★天然石やビンテージビーズの耳かざりのお店

『えふ』

https://fumikino.base.shop/