アラフィフのふだん着たのしみスト*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。49才、157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

「2割の客観性」と 「甘辛のバランス」

 

f:id:LONGSLEEPER:20190909154746j:image

 

コチラの記事のつづき(みたいなもの)。

頼まれてないのに勝手に妄想コーディネート

 

 

 

「2割の客観性」と

「甘辛のバランス」のお話です。

 

 

 

まず「2割の客観性」とは何か?というと、

 

「好きな服を着る」心意気って大事やん、

でも「客観性」も少しは欲しいよね

 

とわたしは思っていて。

 

 

 

もちろん100%、

「わたしはこれが好きーーーー」

で貫くのもいいんです。

「誰がどう思おうがいいの」

ってそれはそれでステキ。

 

 

 

でもたとえそれ(たとえばナチュラル系、

モード系、カントリー系など)が好きでも、

上から下までそれで固めるのは

わたしの好みではないのです。

 

 

 

 

「好きな服を着る(主観)」:「客観性」の

割合は、8:2くらいにしたい。

 

 

 

 

という意味の「2割の客観性」です。

 

 

 

 

「甘辛のバランス」もそう。

 

 

 

ガーリー100%やマニッシュ100%じゃなく、

ガーリーなブラウスが着たいなら

どこかにピリッとしたアイテムを入れたいし、

マニッシュなスタイルがしたいなら

どこかにフェミニンなものを入れたい。

 

 

 

 

んでもまあこれも、

・自分がどうするのが好きなのか

・何をカッコいいと思っているのか

・どう見られたいのか

っていう好みの問題なんですよね。

 

 

 

そしてこの中の、

「どう見られたいか」は、

他人が介在するからわたしには

コントロールできないんだけど、

少なくとも、

「自分なら自分をどう見るか」

くらいはわかる。

 

 

 

なので、

自撮りはそのためにやっている、

って部分もあります。

 

 

 

自撮りをすると、

自分を客観的に見ることができて、

「自分自身、わたしの好きなスタイルが

できているか?」を点検できるんですよね。

 

 

 

自分だったらこんなスタイルの人、

カッコいいと思えるかなー、って

自分のおメガネにかなうように

自分をスタイリングしているのです。

 

 

*・。*・。*・。*・。*・。*・。

 

【思いつき企画】

 

「ストールをいろいろ巻いてみる会」

またやろうかなと(*^^*)

 

<詳細はこちらの記事をどぞ>

「ストールをいろいろ巻いてみる会」やります

 

〈日時〉

10/5(土)11時~13時

 

〈場所〉

大阪府高槻市摂津富田予定

https://www.spacemarket.com/spaces/xCF1vJmvCwMNy4fc/rooms/B4p2YuWJ0ev2B5oi

阪急京都線富田駅徒歩3分、

またはJR京都線摂津富田駅徒歩3分

 

〈参加費〉

おひとりさま2,500円

(折り返しお振込み口座をご連絡します)

 

〈募集人数〉

3名さま(先着順)

 
〈お申し込み方法〉
 こちらのフォームからお申込みください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/256b88e0593741

★ご参加がおひとり様でも開催しまーす