アラフィフからの普段着格上げアドバイザー*きのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

大阪と京都で活動しているアラフィフからのファッションドバイザーきのしたふみです。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

きのした流 40代からのデニムジャケットの選び方

 

 

 

まずはこちらの画像をご覧ください。

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20161112080704p:plain

  

AとBの違いは

●色の褪せ方

●ボタンの色

 

あとはステッチの入り方、ポケットの数、

エリの形や大きさなど、ほぼ同じ。

 

 

AとB、「どっちがキレイに着れるか?」

と言うとなわけです。

 

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20161111215835j:plain

 

 

デニムジャケットは色が褪せると

「よりカジュアル、よりラフ」に、

 

言い換えると

「キタナイ感じ」になる、ということ。

 

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20161112075525j:plain

 

 

 

では次の画像では

「どちらがよりラフ」に感じるでしょう?

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20161112083556p:plain

 

Aは「デニムジャケット(Gジャン)」ですが、

Bはどちらかというと

「カバーオール」っぽくなっています。

 

 

AとBの違いは、

●ポケットの数

●ステッチの入り方

 

 

色褪せは同じような感じでも、

 

 

ポケットがあればあるだけ、

ステッチが多ければ多いだけ、

「よりカジュアル感」が出る

 

ということになります。

 

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20161112083604j:plain

 

 

40代からのデニムジャケットは、

 

 

・色褪せしてポケットやステッチの多い

デニムジャケットを選ぶなら、

それ以外全部キレイ目にする

(要はキレイ目のハズしアイテムとして使う)

 

 

・キレイ目に着たいなら

色落ちしてない、ポケット少ない、

ステッチ少ないものを選ぶ

 

 

 

40代からのデニムジャケットの選び方は、

そこんとこアタマに入れて選ぼうね。

 

 

 

 こういうのも募集中~♪

longsleeper.hatenablog.com