日常を旅するように漂う*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

それは「モデルさんがステキに見える服」です【ある日のきのした】

  

ストール・タマキニイメ

コート・不明

バッグ・3COINS

スカート・無印

靴・トリッペン

f:id:LONGSLEEPER:20210224181639j:image

コットントートが好きです。

カジュアルに毎日持てるし軽いし、

汚れれば、洗濯も気軽にできます。

 

 *****

 

インスタで見かける某ショップ店員さんは

いつも着こなしがステキ。

そこで紹介される服も、

あっという間に完売するようです。 

 

近頃は薄着になってきたので 

よりハッキリとわかるようになってきたのは、

その方の骨格が

かなり「ナチュラル」さんだということ。

 

ナチュラルさんは、

いろいろと盛る方が似合うので、

薄着が似合いにくいです。

(ギスギス感が出てしまう)

 

雑誌やカタログを見ていて

やりがちなのは、

「ステキ!」

だけで買ってしまうこと。

 

実際に自分が着ると

「ハテナ??」

になりやすいのは、

ステキに感じた服は実は

「モデルさんに似合う服だった」

というものです。

 

自分が、モデルさんとは

「骨格」も「パーソナルカラー」も

違うと、

そこに大きな差が生まれます。

 

たとえば、

 

Vネックの薄手のセーターを

一枚でさらりと着こなし、

胸元には一粒ダイヤのネックレス、

というモデルさんに憧れ、

Vネックの薄手のセーターを

わたしのようなウェーブさんが

同じように着ると、

首が長く、胸元がさみしく

貧相に見えてしまうのです。

 

実際、わたしは、

かつてはそれに憧れて、

そのマネをしましたが、

どうにもこうにもヘンでした。

今ならそれが

骨格のせいだとわかる(笑)

 

そんなふうに、

モデルさんがステキに

着こなしているからといって、

すぐにそれを買うのではなく、

「待てよ・・・

この人の骨格やカラーは、

自分と同じなのか?」

と一旦、冷静になって

じっと観察してみると、

「買ったのはいいけどハテナ」

というケースを

減らすことができるはずです。

 

 

   

 ◆はじめましての方へ◆

*きのしたのやっていること

*きのしたの中身

★きのしたへのお問い合わせはコチラからどうぞ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/7890edb3563581