読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪・京都 45才からの普段着格上げアドバイザーきのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

大阪と京都で活動している40代からのファッションドバイザーきのしたふみです。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

服を試着するときこの2点は注意してほしい!

 

 

 

 

試着室を眺めてると、

 

「靴を履いて試着室を出てから、

服を検討する人」

 

がいないことに気がつきます。

 

 

 

 

 

 

それダメー!

 

 

 f:id:LONGSLEEPER:20161010082416j:image

 

 

 

「試着室にこもったまま」ではなく、

試着するときは必ず、

 

●靴を履く

●鏡から2メートルくらいは離れる

この2つを守ること。

 

 

 

 

 

なぜなら、

『あなたが見られているのは、

靴を履いた全身、だから

 

 

 

 

 

他人は、

デスクから上半身しか出ていない

受付係みたいなあなた、

を見てるわけじゃない。

 

 

 

 

 

アタマから靴までの全身

一瞬にとらえるのです。

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20161010082445j:plain

 

 

あなたが他人を見るときはそうですよね?

 

 

 

 

「お尻だけ」

「顔だけ」

ではないはずです。

 

 

 

 

 

だから、試着するときは必ず


●靴を履く

●鏡から2メートルくらいは離れる

 

これをすることによって、

「他人から見た自分」を再現するんです。

 

 

 

 

服を試着するときは、

くれぐれもこの二点、

メンドクサがらないでくださいね!!

 

 

 

ameblo.jp