日常を旅するように漂う*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

【耳かざり】見染めていただいてから投函まで

 

 

きのした、耳かざりを作っていて、

<天然石やビンテージビーズの

耳かざりのお店『えふ』>

https://fumikino.base.shop/

というサイトで販売をさせてもらってます。

 

 

 

今回の記事は、

見染めていただいたあとの

お手元まで届くまでの流れ。

 

 

 

今のところ、

耳かざりをこんなリネン生地に留めて

お送りしてます。

f:id:LONGSLEEPER:20190513181202j:image

まず耳かざりをリネンに乗せ、

だいたいの位置を決めたら、

バランスのいい場所に「F」のハンコを押します。

 

 

次に、金具部分を新品にお取替え。
f:id:LONGSLEEPER:20190513181214j:image

イヤリング金具をご希望のときは、

ピアス金具をイヤリング金具にお取り替え。

 

 

耳飾りを布で軽く拭き上げ、

シルバーなら磨きなおします。

 

 

「F」のハンコを押したさっきのリネンに

耳かざりをセットして、クリアバッグに入れます。
f:id:LONGSLEEPER:20190513181209j:image

それをさらに袋にお入れするんですが、

ビンテージのこの袋にしようかな、

それともロウビキバッグ、

それとも大好きなグラシン紙の袋、

と、毎度毎度、楽しみながら迷っています。

 

 

最後に、見染めてくださった方への

メッセージを書きます。
f:id:LONGSLEEPER:20190513181220j:image

メッセージには、

見染めてくださったお礼、

合わせていただきたい服、

使用ビーズやその耳かざりの特徴、

お取り扱いの注意点などなどを

書かせてもらってます。

 

 

メッセージを書き終わったら、

耳かざりとともにプチプチにくるみ、

宛先を書いたスマートレターの封筒に。

f:id:LONGSLEEPER:20190513181152j:image

そしてなるべく早くポストに投函します。

わたしが受け取る側だったら、

少しでも早く手元に届いたほうが

ウレシイからなー(*^^*)

 

 

 

てな流れで発送させてもらってます。

全てがいとおしい作業なのです。

 

 

 

耳かざりの新作、アップしてまーす!

fumikino.base.shop