日常を旅するように漂う*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

2022-02-07から1日間の記事一覧

奄美大島 2022.1 <その5・最終回>

こちらのつづき。最終回です。 longsleeper.hatenablog.com 帰る日も、朝から奄美は安定の曇り。 突然ですがここで、 スウェーデンの詩人ミフタ・シノキによる 「浴場の主(ぬし)に捧げる詩」を引用。 「そなたを囲むは硝子の盾 悠久の時の流れ ひたすらに…