日常を旅するように漂う*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

奄美大島 2022.1 <その5・最終回>

 

こちらのつづき。最終回です。

longsleeper.hatenablog.com

帰る日も、朝から奄美は安定の曇り。

f:id:LONGSLEEPER:20220129125339j:image

突然ですがここで、

スウェーデンの詩人ミフタ・シノキによる

「浴場の主(ぬし)に捧げる詩」を引用。

 

「そなたを囲むは硝子の盾

悠久の時の流れ

ひたすらに何処を洗う

おお浴場の主よ

そなたはなぜに不動

(後略)」

 

と、ミフタ・シノキと名乗り、

思わず詩をよんでしまうほど

いつも謎なんですよ、

お風呂場のカラン前に居座る人。

 

観光客が多いであろう浴場、

たとえばホテルとか、観光地とか。

空いてるならいいんです。

でも、

いま混んでるやん?なときでも動かない。

いつまでもどこかしらを洗いつづけている。

頼むから代わって・・・のぼせる・・・

浴槽から願いを込めた熱い視線を送るけど

まったく気づいてもらえない。

なぜなら洗うことに夢中だから。

なんらかのわたしが知らない事情が

きっとあるにちがいない、だったら仕方ない、

とあきらめてしまうほど

ずっとどこかを洗っている。

常にどこかを洗っていてカランの前を動かない、

そんな人をわたしは自分の中で、

「浴場の主」と呼んでいます。

今回の宿にもいたんですよう~、浴場の主。

というグチでした、以上。

 

さて、

空港に向かう前に立ち寄ったのが、

数日前に行って気に入った

「サンドイッチカフェ奄美」。f:id:LONGSLEEPER:20220129125322j:image

ここでサンドイッチをいくつか買って、

空港で食べることにしました。

スタッフの方々の挨拶も

すがすがしくて気持ちいい。

f:id:LONGSLEEPER:20220129125331j:plain

ハムエッグとブルーベリーははずせない。

ここのサンドイッチを初めて食べた息子も、

美味しさに目を見張っておりました。

でしょでしょ美味しいでしょ!!

f:id:LONGSLEEPER:20220129125328j:plain

空港の建物から見える風景。のどか。

飛行機に乗る人が少ないのか、

空港の手荷物検査の人たちも

あきらかに手持ちぶさたでした。

 

暖かい地方から帰ってくるときは、

いつも気温差を思って軽くユウウツになります。

あー、帰ったらまた寒くて

その寒さが続くんだろうなー、みたいな。

だけど暖かい地方の気温に体が適応するのか、

帰ったその日だけは、

そんなに寒さを感じないんです。

おもしろいですよね。

f:id:LONGSLEEPER:20220129125336j:plain

雲の上はいつも快晴。

そんなわけで奄美旅行記、終わります。

今回、オシャレなコーヒー屋さんを

名瀬の街中にチラホラ見かけたので、

そこを巡って好みの味を見つけるっていうのも

雨の日の過ごし方としていいかもです。

おわり(*^^*)

 

<関連記事>

longsleeper.hatenablog.com

longsleeper.hatenablog.com

longsleeper.hatenablog.com

longsleeper.hatenablog.com