日常を旅するように漂う*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

キレイになってもいいんだよ【ある日のきのした】

 

f:id:LONGSLEEPER:20220202152326j:image

帽子・不明

コート・不明

ストール・自作

サロペット・PATY

シャツ・無印

靴・トリッペン

バッグ・不明

 

自分はキレイになってはいけない、

おしゃれになってはいけない、

という思い込みを持つ方が

以前おられました。

自分にはない発想だったので、

びっくりした覚えがあります。

 

今から思うにそれは、

言い換えると

“目立ってはいけない”

ってことだったのかもー。

 

キレイになる(キレイである)とか、

おしゃれになる(おしゃれである)って、

目を惹くことなんですよね。

キレイな人、おしゃれな人で、

「楚々としたたたずまい」

「もの静か」

という人はいるけれど、

それだけにとどまらなくて、

「楚々としたたたずまいだけどキレイ」

「もの静かでおしゃれ」みたいに

やっぱり目を惹いてしまう。

たとえばこんな画像の感じで↓

f:id:LONGSLEEPER:20220206141553j:plain

目を惹く、ってことは

目立つ、ということ。

もしかしたらその方は、

そのせいであまりよくない思いを

してきたのかも。

 

だから、

“キレイにならないでいる”

“おしゃれをあきらめる”を

無意識に選択してきたのかなあ、

なんて思いました。

 ◆はじめましての方へ◆

*きのしたのやっていること

*きのしたの中身

★きのしたへのお問い合わせはコチラからどうぞ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/7890edb3563581

 

【インスタグラム「今日のきのした」】

手持ちの服を着まわす日々のコーディネートを

備忘録的にアップしています。

https://www.instagram.com/fumi.kino

f:id:LONGSLEEPER:20220108154913j:image