日常を旅するように漂う*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

奄美大島 2022.1 <その3>

 

こちらのつづき。

longsleeper.hatenablog.com

ホテルの部屋の洗面所には

こんな注意書きが

よく貼ってありますよね。

f:id:LONGSLEEPER:20220127145428j:image

それほどまでにこういう場所で

毛染めをする人が多いことに感嘆。

同時にそれに対するホテル側のご苦労が

偲ばれます。

 

楽しみにしていた

ダイビングツアーの申し込みを、

ナンタラ防止等重点措置とやらで

ことごとく断られた息子。

「やることなくなったー」

と、朝の遅くまで宿のベッドでフテ寝。

 

一方わたしはひとり、

名瀬の街中にある

「サンドイッチカフェ」に

向かいました。サンドイッチ好きー!

選んだのは、ロースカツ、ハムエッグ、

ブルーベリーの三種類。

ドリンクはホットカフェラテ。

f:id:LONGSLEEPER:20220127145301j:image

けれどホットカフェラテの

マシンが壊れている、

とのことでアイスのカフェラテに。

お店の奥のイートインスペースで席について、

いそいそサンドイッチをパクリ。

おお、美味しい・・・

サンドイッチのパンが、

甘すぎず、無味すぎず、

薄いながらもしっとりフカフカ

具を引き立てている。

具材にはひとつひとつしっかりと

味が付いていて、食べる前にふと思う

「サンドイッチってこれくらい」

という“味の予想”を超えてくる。スゴ!

f:id:LONGSLEEPER:20220127145251j:image

ブルーベリーのジャムも酸味がやわらかで、

たっぷりの生クリームと相まって

いくつでも食べられそう。

もう〜、全部美味しくてうれしいよ~!!(・´з`・)

tabelog.com

サンドイッチカフェを出てからは、

あてもなく街をさまよう。

f:id:LONGSLEEPER:20220127145326j:plain

ときおり見かける干上がった川。

上が公園になっている小高い山を発見。

のぼってみましょう。f:id:LONGSLEEPER:20220127145323j:image

誰も歩いてなくてイイ感じー。
f:id:LONGSLEEPER:20220127145330j:image

どれくらい歩くのかわからないけど、

町が臨める高さまでは行きたい。
f:id:LONGSLEEPER:20220127145312j:image

こんな、根っこが垂れ下がっている木にも

亜熱帯を感じます。
f:id:LONGSLEEPER:20220127145305j:image

どっちに行こうかな、と思っていると

展望広場方面に人が歩いて行くのを見かけ、

反対方向の遊戯広場に向かうことに。

より人の少ないところに行きたがる習性があります。
f:id:LONGSLEEPER:20220127145319j:image

遊戯広場には20人くらいの幼稚園生。

水筒を持参してたから、

ここでお昼ご飯を食べるのかも。

長居をせず、広場をぐるっと一周してから

来た道を下りました。

f:id:LONGSLEEPER:20220127145255j:image

stand.fm

f:id:LONGSLEEPER:20220127145258j:plain

桜越しに、町と海が見えたよ!

銀色夏生さんが本の中で書いた、

「サングラスをかけたおじさんの顔に見える」

という一節を読んで以来、

そうとしか見えなくなったパンジーf:id:LONGSLEEPER:20220127145308j:image

曇り空から雨がポツポツ。

宿に着くと、けっこうな雨量に

なっていました。

f:id:LONGSLEEPER:20220127145315j:plain

外出していた息子も戻ってきて、

ふたりして部屋でのんびり。

ヒマにまかせて

こんな加工をして遊んでみる↓

f:id:LONGSLEEPER:20220127145244j:image

つづきます。

 

<関連記事>

longsleeper.hatenablog.com

longsleeper.hatenablog.com