日常を旅するように生きる*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

ストールの巻き方が覚えられない人【ある日のきのした】

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20211106160507j:image

ストール・自作

ベスト・千代治

パンツ・不明

カーディガン・不明

靴下・無印

靴・トリッペン

 

ストールが温かいシーズンに

なってきましたね。

年中なにかとストールを巻くわたし、

ストールの巻き方は我流です。

適当にグルグルと巻いてみて、

今日はコンパクトに巻いた方が

バランスがいいからそうしてみようとか、

フリンジを出した方が

アクセントになりそうだから

出してみようとかで終わり。

f:id:LONGSLEEPER:20211108164532j:plain

はい適当。

結び方が覚えられないのです。

おおっ、こうして巻くんだな、と何度かは

ネットや雑誌を見て試してみるものの、

すぐに忘れる(笑)

 

自分に必要なことなら自然に覚えるだろう、

というのがわたしの考え方。

逆に言うと、

わたしにとって「覚えられないもの」は

「覚えられなくてもなんとかなるもの」

「今は特に覚えてなくてもいいもの」

ということです。

 

こう思うようになったのは、

最後に辞めた職場で仕事をし始めたとき。

仕事につきたてのときは、

覚えることがたくさんあって、

とても大変。

その量や覚えられなささに

落ち込んで自滅しそうになります。

 

けれど、思いました。

「今までの仕事の経験上、

頻繁に使う事項、

もしくは重要な事項は、

イヤでも覚えざるを得ないはずだ」と。

 

そう思ってからは、

全部覚えようとすることをやめ、

「おそらくこれは最低限必要であろう」

と思われる事項を主に

覚えるようにしました。

 

そうすると気がラクなんですよね。

そもそも記憶力が良くないうえに

「覚えなきゃ!」と悲壮感や

必死感の中にいては仕事が楽しくないし

パフォーマンスも落ちるというもの。

「ま、必要があれば覚えるでしょう」

「すいません仕事できなくて」

くらいに構えている方が、

はるかにラクな気持ちでいられます。

 

そんな感じで、

きっと今のわたしには

名前のある巻き方は必要ないんだろうな、

と思うにいたってます。

 

*****

 

11/15(月)「服の交換会」

あと3名さまお待ちしています(*^^*)

longsleeper.hatenablog.com

 ◆はじめましての方へ◆

*きのしたのやっていること

*きのしたの中身

★きのしたへのお問い合わせはコチラからどうぞ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/7890edb3563581

 

【インスタグラム「今日のきのした」】

手持ちの服を着まわす日々のコーディネートを

備忘録的にアップしています。

https://www.instagram.com/fumi.kino

f:id:LONGSLEEPER:20210714082549j:image