日常を旅するように生きる*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

大人女子への入り口【ある日のきのした】

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20211008120617j:image

ブラウス・フェリシモ

Tシャツ・7th gate

パンツ・kapital

靴・トリッペン

バッグ・松野屋

 

40代、50代になってくると、

「何を着ていいかわからない」

という悩みが出てきがち。

季節の変わり目にはわたしもときおり、

「そういえばわしにも

そういうことがあったのう・・・」

と、思い出します。

 

「何を着るべきか」の

結論から言うと、

好きなものを着る

これしかないと思います。

 

付け加えるなら、

「多少の客観性」が欲しいところ。

この「客観性」を

どれくらい必要とするかは

人によって違うので、

自分の好みの割合を

探っていくしかありませんが、

とにかく基本は、

好きなものを着る

 

今までフッツーに着ていた服なのに、

40~50代のあるシーズン、

急に違和感を覚える。

わたしの場合は、

「寒くなってきたから

セーターを取り出して着たとき」

でした。

 

その年の春の3月くらいまでは

何も思わず着ていたセーター。

なのに!

寒さが深まった11月、

ダンスから取り出して着てみると、

鏡に映った自分にかすかに感じた

「ん?」

 

光の加減かな?

肌の調子かな?

と考え直して着つづける。

でも、

日にちを変えてみても、

鏡の場所を変えてみても、

もう気のせいとは思えない。

 

しかもそのかすかな違和感は

セーターのみにとどまらず、

あの服も、え、この服も?

うそ、なんで??

どういうこと?

 

こうなったとき、

わたしは軽く

パニックになりました(^_^;)

f:id:LONGSLEEPER:20211010093145j:plain

けれどこれが

『大人女子への入り口』だったと

今なら思えます。今なら。

 

それまでは、何を着ても、

良きにつれ悪しきにつれ

なんとなーく行けてた気もするけど、

もう、そういうわけにはいかない。

 

“本当は自分は

どんな服やどんな色が映えるのか”

“本当は自分は何が着たいのか”

それらを改めて見直すときが来た。

そういうことかなあと。

「人生のシーズン2の始まり」

とも言えますよね。

 

 ◆はじめましての方へ◆

*きのしたのやっていること

*きのしたの中身

★きのしたへのお問い合わせはコチラからどうぞ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/7890edb3563581

 

こちらに登録してみました。


人気ブログランキング

「読んだよ!」のポチ、

よろしくお願いします(*^^*)