日常を旅するように漂う*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

人生は日常の積み重ね【ある日のきのした】

 

帽子・ティグルブロカンテ 

ボーダーカットソー・無印

ワンピース・tutie

靴・ドクターマーチン

 

f:id:LONGSLEEPER:20210414182649j:image

 

 

人生は「日常」の積み重ね。

 

 

 

 

「日常」は、

365日中の360日を占めていて、

特に記憶にも残りません。

でも、そんな「日常」が積み重なって、

「自分の人生」になります。

 

 

 

 

 

だから、

何気ない「日常」

楽しく気分よく過ごすことができば、

「自分の人生」はおのずと

楽しいものになるはず。

 

 

 

 

だったらわたしは、

日常を楽しくするために、

毎日着る服、普段着を、

自分の気分がアガるものにしよう、

と思いました。

 

 

 

 

具体的にイメージしたのは、

「友だちから急に会おうと言われても、

大丈夫な格好」をすること。

 

好きな友だちと会う予定があるときの、

少しウキッとした気分で

選ぶ服のうれしさ。

 

 

 

 

ちょっとしたよそ行き用、と

考えてとっておいた服も

思いきって普段着にしました。

  

なぜなら、

よそ行きを着るような機会も

友だちと会う機会も

自分にはほとんどない、

ということに気がついたので。

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20210420205220j:image

 

 

すると、

「日常に着るには大げさすぎない?」

「いざ友だちと会う時はどうするの?」

「こんなの日常に着てもったいなくない?」

といろんなハテナが浮かびましたが、

そもそも「好きー」「かわいいー」

「着てみたーい」という気持ちで買った服。

それらをめったに着ないことの方が、

はるかにもったいない。

 

 

 

 

コモノやアクセサリーも同じ。

「近所のスーパー行くだけで

わざわざ帽子とかピアスとか…」

とつい思っちゃいますが、

「キャ」という気持ちで

手に入れたコモノやアクセサリーは

できるだけ活躍させたいし、

「キャ」とか「うふふ」という気分を、

ほかでもない自分には

ちゃんと味合わせてあげたい。

 

 

 

 

要は、日々自分を楽しませたり、

心地よくさせてあげることが目的。

何を着るかを考えると気分が沈むときは、

アレコレ考えず、

カンタンに済ませます。

いいの、自分がラクならば(^^)

 

 

 

 

*****

 

 

 

ハレの日も大事だけど、

それ以上に、

何もない日常を楽しくすることが大事。

そんなふうに考える方に付けてもらいたい

アクセサリーを作っています。

 

極小ガーネットのイヤーカフ | えふ

 

 f:id:LONGSLEEPER:20210419163040j:image

 

 

 

 ◆はじめましての方へ◆

*きのしたのやっていること

*きのしたの中身

★きのしたへのお問い合わせはコチラからどうぞ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/7890edb3563581

 

 

 

*****

 

 

 

ママ友がいないと、

保護者が集まる場では

なにかと手持ちぶさただったり、

肩身が狭かったりしますが、

大丈夫です。

気まずいのは、

いっときのことです。

 note.com