日常を旅するように漂う*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

あこがれのあの人になる方法

 

f:id:LONGSLEEPER:20191011082932j:plain

 

この人のファッションステキ!

わたしもこんなカッコしてみたい!

 

と思ったら、

わたしはとりあえずマネします。

 

 

 

 

手持ちの服で似たようなのがあれば

それで組み合わせてみるし、

似たような服を持っていないなら

似たようなのを探して買ってみます。

 

 

 

 

楽しいーー!!

こういうの、

ハアハア言うてまうほど

たーのしーい!!(๑>◡<๑)

 

 

 

 

マネっこコーデができたらそれで終わり、

ではなく、

「自撮り」も必ずします。

(自撮りのやり方はコチラの記事をご参照あれ。

自分がどう見えているかがわかる『効果的な自撮りのやり方』

 

 

 

 

自撮りはどうしても現実を

つきつけられてしまうので、

それがしんどい人は

やらなくてもいいです。

 

 

 

 

が、

たとえば桐島かれんに憧れていて、

あの人のファッションをそっくりマネしたとしても

自撮りをしないなら

「フワフワした服を着ている薄汚いおばさん」に

見える確率残念ながら99%。

(きのした調べ)

あの感じは、あの人の顔立ち、ヘアスタイル、

骨格、雰囲気あってのアレ。

さらに言うとプロのメイクやヘアアレンジ、

ライティングなどもある。

 

 

 

 

自分の幻想の中だけで生きていきたいなら

それでもいいんだけど、

ほんまに少しでも近づきたい、

なりたい雰囲気やファッションがあるなら、

・なぜ同じような感じにならないか?

・同じような感じにするにはどうすればいいか?

を、「自撮り」して

検討してみるのがオススメだなあ。

 

 

 

 

自撮りして検討すれば、

原因がわかって対処ができるでしょ?

原因がわからないと対処できないしー。

対処すれば、少しは桐島かれん

近づけるかもしれないしー。

少なくともそれ以上遠ざかることはない。

適切な対処もしないであきらめるのは

もったいなくない?(;´д`)

 

 

 

 

自分だけでは何をどうしたらいいか、

わからないなあ、という人は、

こちらでご相談もお待ちしてますんでw↓

longsleeper.hatenablog.com