日常を旅するように漂う*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

好きが一番なんだもん ~ある日のきのした

 

 

ストール・自作

シャツ・ナチュラルランドリー

スカート・無印

靴下・アナスイ

靴・フットアート 

f:id:LONGSLEEPER:20191003144741j:image

 

わたしは、

キャスケットに手を出しません。

 

 

 

先日「着せ替え自分の会」というのを

やらせていただきまして、

その中でもお話ししたんですが。

 

 

 

理由はカンタン、

「街でかっこよくキャスケット

かぶっている人を見たことがないから」

 

 

 

この《街で見かけない》って、

かなり目安にしてるんですよ、わたし。

 

 

 

ガウチョもね、

かっこよく着こなしている人を

ついぞ街で見かけなかった。

 

 

 

街でかっこよく身につけている人を

見かけない

 

ということは、

 

むずかしい

 

ってことだと解釈しています。

 

 

 

 

そういうものをかっこよく身につけるには、

そーとーな生まれ持ったルックスや

スタイルの良さ、センスの良さが必要で、

わたしごときが

太刀打ちできるモノではないのです・・・

 

 

 

 

むかしむかしに

キャスケットかわいいなあ」

って思って買ってみた覚えはあるんですが、

かわいすぎて手に負えなかった記憶。

 

 

 

 

当時は「身につけるための工夫」なんて

ほとんどしなかったし、知らなかったので、

「かわいいと思って買う」→「なんか似合わない」

→「タンスの肥やし」または「捨てる」

というルーティンをくりかえしていました。

 

 

 

で、最近ではキャスケットは、

気づいたらおばーちゃんが

かぶっているのをよく見かけますが、

ただひたすらかわいすぎる。

※わたしの中では

「かわいすぎる」は「もっさい」と同義。

レースいっぱいの服も「かわいすぎる」し、

これからの時期またたくさん見かけるであろう

ムートンのショートブーツも「かわいすぎる」

 

 

 

モコモコ、とか、ポッコリ、とか

フリフリ、ふんわり、

その手の言葉が浮かんでくるものは、

「かわいすぎる」。

 

 

 

でも好きーー!!!

着たーーーい!!!

と感じたら、

知っていること、

できることを総動員して

なんとか身につけます、今なら。

だって好きだもん( *´艸`)

好きが一番なんだもーん♡

 

 

 

★日程変更しました↓

longsleeper.hatenablog.com