日常を旅するように漂う*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

茅野から大阪へ。「多治見モザイクミュージアム」寄ってきた人

 

長野県、蓼科高原某所の

子供用の遊具なんですけれども。

f:id:LONGSLEEPER:20180503212929j:image 

なぜナスにした?

なぜ顔を付けた?

 

といつも思います。

 

 

この日は「戦場カメラマン渡部さん」風で。

f:id:LONGSLEEPER:20180503214210j:image

 

茅野から大阪に帰る途中、

岐阜県多治見にある

「モザイクミュージアム」に寄りました。

f:id:LONGSLEEPER:20180503212423j:plain

 

ジブリ感ただよう外観。

f:id:LONGSLEEPER:20180503212444j:plain

f:id:LONGSLEEPER:20180503212501j:plain

 

よく見ると陶器のかけらが

はめこんであります。

もうこれだけでカワイイ。

f:id:LONGSLEEPER:20180503212510j:plain

f:id:LONGSLEEPER:20180503212530j:plain

 

 

中はこんなのが展示されてます。

f:id:LONGSLEEPER:20180503212546j:plain

 

f:id:LONGSLEEPER:20180503212553j:plain

f:id:LONGSLEEPER:20180503212617j:plain

f:id:LONGSLEEPER:20180503212603j:plain

 

 

金魚が泳いでるようでおもしろい(*´▽`*)

f:id:LONGSLEEPER:20180503212629j:plain

 

ノスタルジックなタイルの数々。

f:id:LONGSLEEPER:20180503212640j:plain

f:id:LONGSLEEPER:20180503212647j:plain

 

館内の手すりにもモザイク。

f:id:LONGSLEEPER:20180503212716j:plain

 

タイルのデコ車。

f:id:LONGSLEEPER:20180503212730j:plain

 

ナンバープレートもタイル製。

f:id:LONGSLEEPER:20180503212738j:plain

「こんな車、重くて走られへん」

とオット氏。

 

 

確かに、タイルってかわいいけど

重いんですよねー。

 

お土産コーナーにはタイルのピアスや

バッジなんかも販売してましたが、

なんせ重い。

 

そのうえきっと割れやすいから、

粗忽モノのわたしなどは

すぐに割ってしまうことでしょう。

 

 

『多治見市モザイクミュージアム

多治見市笠原町2082-5

0572-43-5101

http://www.mosaictile-museum.jp/

 

 

モザイクミュージアムを設計した藤森照信氏は

こんなところも設計してたー!!うひーー。

taneya.jp

 

よりによって茅野市!!知らなんだ!!

今度観に行こうー(*´▽`*)

www.mtlabs.co.jp