アラフィフのふだん着たのしみスト*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。49才、157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

メルマガのご感想、ちょっとご紹介。

f:id:LONGSLEEPER:20190720160349j:image

 

ちょっと前にこういった記事↓

【ある日のきのした】「読む人を選ぶ」メルマガ発行人、きのしたです 

を書いたら、

「え?わたし読んでて大丈夫?」

という反応を何人かの方からいただきましたが、

ご感想をいただいている時点で

大丈夫ですのでご安心を(*^^*)

 

 

メルマガのご感想を、ちょっとご紹介。

 

 

>まさか、お返事くださると

>思ってなかったので、とても嬉しかったです!

(北海道 Yさん)

 

ええ、何年か前は一方的に

「ちょうだい!」って言ってましたけど、

ここのところは必ずお返事さしあげてますーん。

 

 

 

>コンサル受けてもいないのに、

>無料でメルマガ読んでるだけなのに、

>プレゼント企画に応募するのも図々しいだろー。

>と、思っていまして。

>ご本人が遠慮なくっておっしゃっているのを

>読んでもなお、自分ルールで縛っていました。

(長野県 Sさん)

 

こういうことってありますよねぇ・・・

わたしもあったし、まだあると思う。

なんでしょね、この自主規制。思い込み。

 

しかしまあ、

「あっ、あたし縛ってるじゃん!」

てことに気づけたら、

あとはもう「自分がどうしたいか」だし。

 

そこに気づけないと、

小さな箱に自分を閉じ込めたまま。

 

閉じ込めてた、ってことがわかったら、

●じゃあそこから出るのか

●やっぱりそこにいるのか

自分の行動を選べるんですよね。

自分が広がる。自由度が増える。

 

 

 

>普段はメール送信したあとも、

>うじうじ考えたりするんですが、

>今回は考えないようにします。

>もっと、気軽に短くテンポよく

>書けるようになりたいです。

(Fさん)

 

それはわたしも同じっスー。

メールやラインを送る前に悩んだり、

送ってしまってから反応が気になったり

することもよくありますよう。

好きな相手だから悩むのかもー??

 

文章も、こんなにブログやメルマガを

書いているのに思うように上手く書けない。

あの人は上手いなー、あんな風に書きたいなーって

他の人のを読んでしょっちゅう思う。

 

この件に関しては、

満足することなんてないんじゃないか

と思ってます。いつまでも発展途上。

 

 

 

・・・とまあこんな風に

お返事を書かせていただいてます。

 

「文章を書く」という行為は

「自分が何を、どう考えているか」を

クリアにしていく行為。

 

SNSにアップする以外にこうして

いただいたご感想にお返事するのも、

自分にとってはその行為のひとつかなと。

 

 

 

不定期・無料・役に立たないメルマガ

読者登録はこちらからどうぞ↓

あちこちふらふら、立ち止まったりまた歩いたり