アラフィフのふだん着たのしみスト*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。49才、157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

滋賀近江八幡〜神戸三宮たくさん歩いた日帰り旅行

 

このあいだ、

青春18きっぷ」が

一回分、余っていたので

日帰りで近江八幡へ行ってきました。

 

 

地図で見てみると、

目的地の「ラコーリナ近江八幡」には、

JR近江八幡駅から1時間も歩けば

行けるっぽい。

 

 

天気も気候もいいので、

寄り道しつつ、

のんびり歩いて行くことにしました。

 

ラ コリーナ近江八幡とは?|ラ コリーナ近江八幡 | たねや

 

ずーーっとまっすぐな道。

こういうのを見ると

「まっすぐや!!」とうれしくなります。

f:id:LONGSLEEPER:20190404164609j:image

 

 

近江八幡はウォーリズ建築もあるせいか、

街がところどころおしゃれな雰囲気。
f:id:LONGSLEEPER:20190404164555j:image

 

 

グーグルマップに従って歩いたら、

ラコーリナの裏手に案内されたもよう…
f:id:LONGSLEEPER:20190404164645j:image

延々と柵がめぐらされている!

建物は見えるのにたどりつけないぞ!

悲しいぞ!(ToT)

 

 

途中、こんな言葉を見つけました。
f:id:LONGSLEEPER:20190404164614j:image

「我らの国籍は天に在り」

たしかに。

どうやら納骨所。

 

 

グルーっと歩くと、

やっと案内板が見えてきました。

f:id:LONGSLEEPER:20190404164604j:image

 

 

工事中。
f:id:LONGSLEEPER:20190404164626j:image

この建物の設計者は、

わたしの好きな藤森輝信さん。

 

 

今までに見たのは、

茅野の「空飛ぶ茶室」、

多治見の「モザイク美術館」。

 

 

藤森さんのはかた苦しい建築じゃなく、

自然と共存するようなやわらかな印象。

そして、ちょっとヘン。

 

 

中には田んぼもありました。
f:id:LONGSLEEPER:20190404164559j:image


f:id:LONGSLEEPER:20190404164542j:image

 

こういう朴訥としたオブジェ大好き。

こんな形でこんなとこに扉が付いてたら、

オトナもワクワクするわー。

さすが藤森照信さん。
f:id:LONGSLEEPER:20190404164651j:image

 

小さい子連れの家族が多かったので、

ささーーっと見てすぐ退散しました。


f:id:LONGSLEEPER:20190404164636j:image

そしてまた駅まで歩いて帰る。

 

 

駅までの途中に見かけた、おもむきある長屋。

住んではるんでしょうかね。
f:id:LONGSLEEPER:20190404164549j:image

 

ラコーリナで買ったパン。
f:id:LONGSLEEPER:20190404164621j:image

 

電車に乗ったついでに、

神戸三宮まで行ってきました。

f:id:LONGSLEEPER:20190404164631j:image

近江八幡のあるJR琵琶湖線

三宮のあるJR神戸線

つながっております。

 

 

なので、1時間くらい(もっとか)

乗っているだけで着く。ラクチン。

 

 

三宮では雑貨を見たり

ビーズを見たりしました。

 

 

こういうことができるのが、

青春18きっぷ」の良さ。

 

 

はー、たくさん歩いたー(^^)