アラフィフのふだん着たのしみスト*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。49才、157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

片道10時間。ただ直接会って、話したいだけ。

 

青春18きっぷで大阪高槻→新山口へ。

 

 

電車は7回くらい乗り換えーので

片道およそ10時間の旅です。

 

 

車内には春の陽が差し込む。 

f:id:LONGSLEEPER:20190304134356j:image

 

 

乗り換えはありますが、

基本、電車に乗っていれば着くから

わたしはそれほど苦痛ではないのです。
f:id:LONGSLEEPER:20190304134431j:image

 

  

瀬戸内海に沿って西へ西へ走る電車。

f:id:LONGSLEEPER:20190304134408j:plain

 

今回の旅の目的は、

山口にいるスタイリスト、

河岡麗香さんと話すこと。

 

 

麗香さんとは数年前、

横浜で一緒に勉強した仲。

こころざしや感覚も似通っているから、

話が深いところまで行けます。

 

 

電話でもチャットでも話はできるけど、

大切な人とは、ときどきは直接会って、

話がしたいのです。

 

 

  

麗香さんの作ってくれたゴハン

f:id:LONGSLEEPER:20190304134416j:plain

ワインとよく合うサラダや

カキのペペロンチーノ風などなど。

麗香さんごちそうさまでしたーーー!!

 

 

おみやげに手作りの石鹸まで

いただいちゃった♡

f:id:LONGSLEEPER:20190304134541j:plain

ラベンダーが香ります。

 

 

二日酔い気味のアタクシ。

f:id:LONGSLEEPER:20190304134522j:plain

 

 

「コーデ撮らせてー」

と麗香さんに言われたので

「しゃーなしやしな」の一枚。

(「しゃーなし」というのは関西弁で「しょうがないけどいいよ」の意味)

f:id:LONGSLEEPER:20190304134507j:plain

 

 

帰りも大阪まで10時間の電車旅。
f:id:LONGSLEEPER:20190304134549j:image

 

瀬戸内海はおだやかで、

見ているとなごむー。
f:id:LONGSLEEPER:20190304134515j:image

 

 

ノスタルジックな駅の渡り廊下。

f:id:LONGSLEEPER:20190304134532j:image

 

行きは、

朝の透きとおったまぶしい光から、

昼間の万能感あふれる元気な光、

そして日が傾いてきたころの

やわらかで切ない光への変化、

 

帰りは、

暮れゆく山陽線からの眺めを

楽しむことができました。

 

 

 

会いたい人に会う。

 

行きたいところに行く。

 

ただそれだけのことを

愚直にくりかえしていくことが、

なりたい自分になれる道だと信じています。

 

 

 

でもいまだに

「今じゃなくても」と

あとまわしにしようとする自分は常にいるから、

「そうじゃないよね、今だよね」

と言い聞かせている最中です。

 

 

 

帰りの電車で、

岩国で英語圏の人の

グループと乗り合わせたんですが、

しばらくするとその中の女性が

いきなりわたしにスマホを見せてきました。

 

 

「?」と思ってのぞきこむと、

翻訳アプリらしきものの日本語で、

『わたしはほんとうにあなたの服が好きです』

 

\(◎o◎)/!

そして、

♪───O(≧∇≦)O────♪

 うーれーしーすーぎーるー!!!

 

「thank you!!」

としかお返事できなかったのが

少し残念ではありますがー!!

 

 

相手を快にさせる言葉は、

どんどん伝えた方がいいなと

改めて感じました。

 

 

快の波紋が広がっていくと、

たくさんの人が

幸せになれるんじゃないかな。

 

 

ちゃんと言葉に出して伝えるって、

ほんと大事。

 

 

もう二度と会わない人だけど、

ほんとうにありがとう。

 

 

 

麗香さんに会いに行くことと、

通りすがりの英語圏の人に

褒めてもらえることは、

なんだか、どこか、

つながっているような気がします。

 

 

なんだろう、わからんけど。

(いや、わからんのかーい)

 

 

山口宇部で活躍する、

パーソナルスタイリスト

河岡麗香さんのブログはコチラ↓
ameblo.jp