アラフィフのふだん着たのしみスト*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。49才、157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

息子2、帰国。キミはそれでええんですよ。

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20180920162335j:image

 

息子2が

半月ほどのニュージーランドひとり旅から

帰ってきました。

 

 

 

バンジー2回、スカイダイビング1回、

やってきたようです。いいなー。

 


f:id:LONGSLEEPER:20180920162340j:image

 

オット氏が、

「お母さんには連絡してあげて」

と息子2に言っていたらしく、

滞在中はマメにLINEをくれて安心しましたが、

 

半面、それもどうなん?て感じで

いや、母心はフクザツっすわあー(;^ω^)

 

 

 

 

足は靴擦れだらけ。

 

現地でトレッキングするから、と

渡航前にトレッキングシューズを買い、

それを履いていきやがったからです。

 

 

なぜ…

なぜ履きなれない靴を履いていく…

なぜ慣れた靴を履いていかない…

なぜスペアのスニーカーを持っていかない…

 

 

 

そういうところがまさに息子2。

「え????そこ???」

と思うようなところが抜けているというか、

経験しないと懲りない。

(わたしと同じ)

 

 

いろんなことを、

経験しながら知っていきたい。

「甘い」とか「バカ」とか

いろいろ言われるけど、

そういうふーにしか生きられないタイプ。

 

 

 

帰ってきて本人も言うとりました。

「もっとちゃんと

計画立てていけばよかったー」と。

 

 

 

続けて、

「でもそういうことができないし、

やりたくないんよなー」。

 

 

 

お、おう。

 

 

自分のことようわかってるやん。

 

 

キミはそれでええんですよ(;´Д`)