アラフィフのふだん着たのしみスト*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。49才、157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

好きな服なんてない、という方に言いたい2つのこと

 

 

きのしたは

好きな服、

着はったら

いいですやん

としか言わない、

服のアドバイザー(仮)なんですが、

 

 

 

 

好きな服なんてない、

 

とおっしゃる方もおられまして、

そんな方にわたしが言いたいのは2つ。

 

 

 

1・服に興味がない可能性があります

 

 

 

オンナたるもの毎日服を替えなきゃ。

オンナたるものファッションに興味があるべし。

 

と思いこんでませんか?

 

 

服に興味がない、なんてバレた日にゃー

女子失格、女子力ダダ落ち。

 

と思いこんでませんか?

 

 

 

それ全部、

世間さまからの洗脳ですからー!!!

 

 

「キメ服さえ何着かあれば、

あとはどーでもいいのよ」

そういう考え方もアリアリのアリ。

 

 

自分にとって何が必要か、

何が心地いいか、

それを考え直してみてください。

 

 

 

つづいて、

 

 

 

いや、興味はあるんです、

でも好きな服とかがないんです、

 

そんな方には、

 

 

 

2・「好き」がわからないほど

鈍くなった自分をかえりみましょう

 

 

 

「好き」がわからない、って

相当ヤバい状態なんですよ。

それに気づいてほしい。

 

 

そこまで自分を追い詰めた理由が

何かあるはずなんで。

 

 

 

「好きがわからない」ヒトは、

「特に問題がないということにしている」

「日々、特に不満がないということにしている」

ということが、多々あります。

 

 

まずそれに気づく!!!

服がどうのとか言ってる場合じゃないからね!!

 

  

f:id:LONGSLEEPER:20180826171256j:plain