アラフィフのふだん着たのしみスト*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。48才、157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

寄付やボランティアは「自分のため」です♡

 

 

今日は32度、湿度も(たぶん)低くて

涼しい大阪高槻です。

 

 

 

30度超なのに涼しいと感じるワタシ、

スゴイなあ…(;^ω^)

 

 f:id:LONGSLEEPER:20180808160959j:plain

  

昨日、とある方に、

少し寄付させてもらいましてね。

 

 

 

 

寄付やボランティアなんて、

あんまりやらない

きのしたですけれども。

 

 

 

 

その方は来月、

ちょっと変わったところに

一人で個人旅行されるんで、

何かの足しになればーと思ったんで。

 

 

 

 

 

寄付やボランティアというのは、

自分がうれしいから

やるものである

と、わたしは思う。

 

 

 

 

「寄付やボランティアをすると

自分がうれしくなるよね」

みたいな感覚。

 

 

 

 

「あのケーキが好きなあの人に、

それさしあげて喜んでもらえたら、

わたしもうれしいな」

といったたぐいのもの。

 

 

 

 

100%他人のため、じゃないんですよ。

 

 

 

 

喜んでもらえると

「自分も」うれしくなるから、やる。

寄付だって、ボランティアだってね。

 

 

 

 

あくまで自分がうれしいから、

気持ちいいから。

 

そこでもう完結。

 

 

 

 

完結すべき、とまでは言わないけど、

完結したほうがいいんじゃね?とは思う。

 

 

 

 

じゃないと、

「あの人は寄付しないヒドイ人だ」

とか、

「寄付してやったのに喜ばない」

とか、

わけのわからんことを言い出しかねない。

 

 

 

 

いやいやいやいやいやいや、

寄付やボランティアってのは、

「自分がやりたいからやる」

それだけのことでしょーがー。

 

 

 

 

それを、

「しない人はヒドイ人だ」

「してやったのに喜ばない」って、

それはちゃうんちゃうかなぁ(;´Д`)

 

 

 

 

寄付やボランティアじゃなくても

いますよねそういう人。

 

 

 

 

「しない人はヒドイ人だ」

→やるメリットがわかんない

 

「してやったのに喜ばない」

→あなたに頼んでない

 

わたしなんかはそう思う(笑)

アンタに迷惑かけたかっつーの、って。

 

 

 

 

てことで、

わたしが寄付させてもらったのはこの方↓

寄付額は100円でも200円でも

いいと思います、たぶん。


わたしは

・このカスミランさんが好き

・寄付がおもしろそう

と思ったのでさせてもらったんだけど、

そう感じないならやる必要もないです。

 

 

 

あ、寄付の理由はあと、

・お金をまわす

という意味もあるなあ。

 

 

 

いつか巡り巡ってわたしも

何らかの形でサポートしてもらえるとか、

困ったら助けてもらえるとか、

自分への安心感の刷り込み。

 

 

 

 

で、やっぱりこれ↑も

「自分のため」よなー(*´▽`*)

徹底して利己主義っすわー、あたし。