アラフィフのふだん着たのしみスト*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都の間に住む、ふだん着を楽しむヒトです。49才、157センチ、服のことからしょうもないことまで書いてます。

自分の骨格に満足してる人なんかいないよ。

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20180531165402j:image

 

 

自分の骨格に

「あたしゃこれでいい」

ト、満足してるヒトなんか

 

い・な・い・よw

 

 

 

 

って、きのしたいつも言うんだけど

これホンマ。

 

 

 

 

「骨格」と「体型」って

ちょっとちがうのね。

 

 

 

「骨格」は「変えようがない骨組み」、

「体型」は「そこに肉付きも含めて」って感じ。

カンタンに言うと。

 

 

 

 

だから最初の文でいうと、

 

 

自分の「骨組み」に

満足してる

ヒトなんかいない。

 

 

 

 

みなさん何かしら、

 

「あしの長さが」

「首の短さが」

「腰のハリが」

「肩幅が」

 

とかナントカ、ある(;^ω^)

 

 

 

もちろんきのしたも、ある。

 

 

 

でもそれ、しゃーないの。

 

 

 

変えられない「骨組み」だから。

 

 

 

骨は伸ばしたり、ちぢめたり、

できないでしょ(*^^*)

 

 

 

だからそれを、

「しゃーない」と受け入れる。

言い方を変えると、アキラメル。

 

 

 

変えようがないんだもーん。

努力のしようがないんだもーん。

 

 

 

あなたは、

 

●肩幅が広い

●あしが短い

●首が短い

●腰が張ってる

 

それはしゃぁない。

 

 

 

じゃ、どうする?

 

   ↓↓↓

 

そうだ!

着る服で

目を錯覚させよう!

 

 

 

そう考えたら気がラクにならない?(*^。^*)