アラフィフの普段着格上げアドバイザー*きのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

大阪と京都で活動しているアラフィフからのファッションドバイザーきのしたふみです。1970年生まれ。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

パワースポットも自分で決める

 

(こないだ

フェイスブックに投稿した記事に

加筆しました)

 

     

◯◯神社がスゴい。


海外の△△は漂う気が違う。

 

□□は不思議なパワーが宿ってる。

     

 

みなさん、

いろいろ言わはりますなあ。

 

 

わたしはいわゆる

感じる人、見える人ではないせいか、

たくさんの人が讃える場所でも

「あ、ほんまにココすごい!」

と思たことがない。

     

 

そもそもわたしは、

パワースポットだけでなく

「たくさんの人が言ってること」に

興味が沸かないタイプ。

 

 

良いように言うと、

「自分の感覚を信用してる」

 

 

これも裏を返すと、

 

自分の感覚がおかしいのか?

わたしはみんながわかることが

わからない人間ではないか?

 

という、自分への不信感に

すぐ転ぶ。

 

 f:id:LONGSLEEPER:20180129102600j:image

 

長いこと

「わからない自分がダメ」

みたいな考え方でした(^_^;)

 

 

今でもそれは

完全にぬぐえたわけじゃない。

 

 

何かとたくさんの人と、

モノの感じ方や解釈が違うんで、

 

もう、そういう人間なんだな、

と受け入れるというか、

開き直ってみようと思うんですわ。

 

 

自分にダメ出しするよか

よっぽどマシやし。

 

 

だから、

パワースポットだって、
自分で決めていいんちゃうかと。

 


昔っから言われてること、

伝えられてること、

それはそれで真実なんでしょうが。

 

 

自分がそう感じないなら

よくわからないままでいい。
  

 

「わたしはそうは思わない」

って声高らかに

水をさす必要はないものの、

べっつにみんなと一緒でなくて、

よくね?

 


こっちの方が好き、

わたしはここが心地いい、

そんな場所こそ

自分のパワースポット。

 

 

他の人は知らんけど、で、

ヨシとするのさ。

 

 

longsleeper.hatenablog.com