アラフィフの普段着格上げアドバイザー*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都で活動しているアラフィフのファッションドバイザーきのしたふみです。身長158センチ、1970年生まれ。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

お愛想言うの(書くの)やめてほしいなと思う

 

朝イチはアーユルヴェーダ式の

白湯から始まるきのしたです。

健康的やーん。

f:id:LONGSLEEPER:20171212074243j:image

 

不定期配信の気まぐれメルマガを

やってるんですけどもね。

 

こないだ書いたのが、

「年賀状やめるってのも手だよ?」

という話。

 

会いもしないとか、

仮に会ったとて

特に共通の話題もない人に

年賀状だけお互い出し続けてるって

どうなん?って思うなら

年賀状を出さない方向で

検討してもいいよね、って。

 

 

そんな感じで。

 

 

今後会う気がないのに

「また会いましょう」

「また会いたいです」とか、

お愛想言うの

やめてほしいなと思う。

 

 

そこに横たわる、

漂う欺瞞感、みたいなのが

ホント気持ち悪い。

 

 

お愛想は人間関係の潤滑油、

という意見もわかるけどさ。

 

 

たぶんこの人とは

もう会わないだろうな、

って感じる人には

「じゃ」だけでいいやん。

 

 

「また会いましょう」って

なんで言うの?

そういうもんだから?

 

そういうもん、ってなに?

自分が嫌われるのが怖いだけか、

そこまで考えたことが

ないだけじゃない?

 

 

「イベントあったら行きたいです」

って書いてくださったから、

「いち早い情報はメルマガに書きますので

無料だからぜひご登録を」

とお返事したんだけど、

いっこうにご登録なし、

ってゆーのもなんだかなー(^_^;)

 

 

イベント行きたいです、って言うなら

メルマガ登録したらどーや。

↑茂ジイ口調で。

 

 

ああこの人は

流れで言っちゃったり

書いちゃう人なんだなあ、

慣習、見栄、世間体、みたいなものが

まだまだ大事なんだなあ、

 

と思ってしまう。

 

 

これはお愛想だな、ってわたしが

スルーすればいいことなんだけど、

それができないタイプだから

こういうことを書いているのだよ!

 

 

やっぱりいちいちガッカリするし、

そういう人をわたしは

信用しないなあ。