アラフィフの普段着格上げアドバイザー*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都で活動しているアラフィフからのファッションドバイザーきのしたふみです。1970年生まれ。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

ほな「自撮り」ってどうやるん?*おすすめの方法

 

 

押せば「自撮りです」と

しゃべるボタンが欲しいほど、

自撮り自撮りとうるさいきのしたですが、

 

ほな自撮りって

どうやったらいいん?

 

と首をかしげる方も多いと思います。

 

  

f:id:LONGSLEEPER:20170910090653p:plain

 

 

そこで今回は、

きのしたがオススメする

「自撮りのやり方」を

お伝えしましょう。

 

  

以下、きのしたのサービス

「自撮り赤チェック」のために

クライアントさんに

お送りしている文面です。

 

 

**********

 

  

《自撮りのやり方》

 

 


●三脚でも、鏡越しでも

どちらでもいいですが、

できるだけ直接撮影でお願いします。

というのも、

鏡の自分(反転)と、

ほんとの自分は少し違うので。

 

※三脚がない場合は、

窓枠や、イスや机などを

利用してみてください。

 

 

●カメラ位置はたいだい腰あたり

ご自分のカラダと平行

かまえてください。

あおりすぎても、見下げすぎても

カラダのバランスが

うまく写らないため。

 


●できるだけ明るい場所

お願いします。

暗いと色がわかりにくいので。

 

 

 

**********

 

 

 

暗いところで撮ったり、

短足に写りすぎていたりすると、

本来の色やカラダのバランスが

わからないんですよ。

 

 

そうなるとアドバイス

しにくくなるので、

上のようなやり方で

お願いしています。

 

 

自分で自分の自撮りを見るだけでも、

上記のやり方は有効。

 

  

 

あと、

自撮りに欠かせない

セルフタイマーアプリなどは

こちらの記事をご参照ください。

 

 

「全身自撮りにオススメアプリもろもろ」

http://longsleeper.hatenablog.com/entry/2017/08/14/163332

 

 

 

あなたもこれで、

レッツエンジョイ、

自撮りライフ!!