アラフィフの普段着格上げアドバイザー*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都で活動しているアラフィフからのファッションドバイザーきのしたふみです。1970年生まれ。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

やってらんねえ!!は次へ進むサイン(かも)

 

 

ただいま、自分の立ち位置というのか、

コンセプトというのか、

なんだかわからないけど

そういうものを再確認中の

きのしたです。

 

 

 

 

やってらんねえ~!!!

 

という思いが先週、

ふいに湧いてきたんですよね。

 

 

 

こういう感情や思いが湧いてきたら、

「ん?なんだなんだ?」

と耳を傾けてあげる。

 

 

 

やってらんねえ?何が?

 

 

家のことじゃないっぽい。

 

 

なんかの人間関係?

 

 

人間関係というほど

わたしはヒトとお付き合いがない。

 

 

じゃあ仕事?

 

 

仕事で「やってらんねえ」

って思うコトあったっけ?

 

 

(しばし記憶をたぐる)

 

 

 

 

 

すると、

やってらんねえ、

ってほどじゃないけどあったな、

と。

 

 

ひとつのことじゃなく、

小さなことが重なってた感じで。

 

 

 

 

今までそれが言えなかったのは。

表現できなかったのは。

 

 

 

 

●敷居を高くしたくなかったから。

 

●さらに嫌われるようなことを

したくなかったから

 

●お客さんが少ないと困る、

と思っていたから

 

 

 

 

こうして、

「やってらんねえ」

という思いが

ふいに湧きあがってくるのは、

今回が初めてではないのです。

 

 

 

そのたびに原因を探って、

改善はしていくんだけどなあ。

 

 

 

なんか知らないあいだに、

たまっていくみたいです。

 

 

 

わたしは、もっともっと、

自分の好きなように、

やっていいのかもしれない。

 

 

 

自分が思うより、もっともっと。

 

 

 

自分がどこまでやっていいか、

どんなふうにやるのがいいのか、

自分ではほんとわかんなくって、

おそるおそるなんですよ、

これでも、今でも。

 

 

 

だけど、今回もやるのです。

やると決めたのです。

モンモンとするだけ、はイヤだからね。

 

 

 

●敷居を高くしたくなかったから

 

→敷居高いと思われてもいいや

 


●さらに嫌われるようなことを
したくなかったから

 

→さらに嫌われてもいいや

 


●お客さんが少ないと困る、
と思っていたから

 

→お客さん少なくなってもいいや
 

  

と思うコトにするーーーー、

しゃーねえーーー。

 

 

 

 

言うてもね、

ほんとにそうなるかはわからない。

未知の領域だしね。

 

 

 

こういうことが

「予想される」っていうだけだし。

 

 

 

やってらんねえ~!!

が来たら、

それはいつも次へ進むサイン。

 

 

…かも。