アラフィフの普段着格上げアドバイザー*きのしたふみの「いくつになっても好きな服を着る!」

大阪と京都で活動しているアラフィフからのファッションドバイザーきのしたふみです。1970年生まれ。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

コンプレックスは隠さない

 

 

 先日フェイスブックで、

 

f:id:LONGSLEEPER:20171012224519j:image

 

と、つぶやいたら、

フェイスブックはつぶやくところ、

ときのしたは思っている)

 

「どうやって?」

 

と、コメントをいただきました。

 

 

 

 

そーか。

 

 

 

そーか。

 

 

 

 

それわからないかも。

 

 

 

 

と、ちょっとビックリで

気がつきました。

 

 

 

そりゃわからないですよねー。

わたしマメに

そういうこと書かないし。

 

 

そうかー、これからはもっとマメに

そういうこと書いていかないとなー、

と思った次第です。

 

 

 

で、そういうコメントをいただいたので、

 

例としてアップさせていただいたのが

コチラの画像↓

 

f:id:LONGSLEEPER:20171013112432j:plain

こちら、毎回きかれるんだけど、

同じ方で、ビフォーアフター

タイムラグは一週間です。

 

 

骨格に合わせた服を着ていただくと、

体重は変わらないままで

こんなにスタイルが良く見える、

という典型例。

 

 

ご自分が

「何をどう着ればどう見えるか」を、

知っておいて損はない。

 

 

 

あとコチラ↓

 

f:id:LONGSLEEPER:20171013112026j:plain

 

上の方とは違う骨格の方。

 

腰回りが気になるのに、

腰回りにアクセントを持ってくると、

そこに視線が行って、

よけいそこが太く見えちゃう(1)。

 

 

だから、黄色のフリフリを見せる場所を

胸元に持ってくる(2)、もしくは

フリフリはそのままで、

目を引くネックレスを付ける(3)と、

腰回りに視線が行かなくなります。

 

 

さらに言うと、

視線を上げるために、

ジーンズをフルレングスじゃなくて

八分丈にするとなおよし。

 

 

実際、素のプロポーション

良くなればいいというハナシですが、

なにぶんそうは行かない。

 

 

なので、

コンプレックスは

シラっと露出し、

視線を他の箇所に

誘導する

 

 

これが、

「骨格診断」をうまく使う、

っちゅーこと。

 

 

ただ服を着るんじゃなく、

「自分のことをちょっと知って、

イイ感じに見せる」

ですよ(^^)

 

 

 

【こういうとこでこういうのやるよー、の
きのしたの今後のスケジュール】

 

●10/23(月)@大阪梅田
『あなたの可能性を広げる
45才からの普段着格上げツアー』
http://longsleeper.hatenablog.com/entry/2017/10/02/214838
 
●10/30(月)@大阪梅田
『いろんなストール巻いてあそぼ―会』
http://longsleeper.hatenablog.com/entry/2017/10/08/134751
 
●11/5(日)@福岡天神 
『あなたの可能性を広げる
45才からの普段着格上げツアー』
http://longsleeper.hatenablog.com/entry/2017/10/02/214838

 

●11/23(月)@大阪梅田
『あなたの可能性を広げる
45才からの普段着格上げツアー』
http://longsleeper.hatenablog.com/entry/2017/10/02/214838