カッコイイおばあちゃんになるための普段着格上げアドバイザー*きのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

大阪と京都で活動しているアラフィフからのファッションドバイザーきのしたふみです。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

変わりたいのに変われない人へ

 

 

「今よりキレイになりたい!!

変わりたい!!」

 

 

って思いながら変われないのは、
   

 

 


●家族や周りの人間から

  「前のあなたのほうが好き

(とか「前のあなたのほうがよかった」)

と言われる

   


●近所の人からコソコソ言われる
  

 


●今まで付き合ってた人から、

「いまさら?」

「なんでオシャレとか?」

「派手になったね」

「ナニ目的?」

「そんなことにお金使うの?」

「あなたがキレイになれるわけないじゃん」

って言われたり、からかわれたり、

浮いたりする

 

 

それがコワイから。

 

 

 

 

 

 

もうね、

人間関係がガラッと変わることもある。
   
  


そんな可能性を乗り越えてまでも、


    
今よりも

キレイになりたいか?

変わりたいか?
   
   

ってことなのね。

 

 
   
あくまで可能性であって、

実際そうなるかどうかはわからないけど、

それでも覚悟する。
    

 

 

くすんでいる集団に、

輝いている人はいない。

 

 

  
嫌われても、噂されても、

そこを出る覚悟がないと、

一時的に変われても、

すぐ元に戻る。
   

 

 
「誰に何と言われても、
わたしはキレイになる」
    
そう決める。

 

f:id:LONGSLEEPER:20170901151300j:image

 

 

よく考えてほしいんだけど。

 

 

 

あなたがキレイに変わることを

良しとしない人と今後も付き合いたい?

 

 

 

ほんとーにあなたを大事に思う人なら、

それも含めてあなたなんだから、

決してジャマはしないよね。

 

 

自分が逆の立場になったらわかるはず。

大事な誰かが成長して変わっていくのを、

その人がイキイキするのを、

ジャマしたりしないもの。

 

 

 

人間関係が変わるかもしれないけど、

覚悟を決めてキレイに変わるか。

 

 

悶々としてるけど、

安寧な今まで通りの日々を

過ごすか。

 

 

 

どちらを選んでも、

それはあなたの選択。

 

 

「そうさせられて」いるんじゃない。

それは「あなたが選んだ」こと。

 

 

 

あなたを左右できるのは、

あなただけです。