カッコイイおばあちゃんになるための普段着格上げアドバイザー*きのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

大阪と京都で活動しているアラフィフからのファッションドバイザーきのしたふみです。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

マユゲのコツは「薄くを何度も」!

 

 

世界観ライター&フォトグラファーの

よねだひさえさんのリクエストで

「マユゲレッスン」

開催しましたよこないだ。

 

 

フェイスブックで、

あとお1人ご興味のある方おられますか~!

と呼びかけて来てくれたのが

「根っこ」を魅せるイラストライター

カスミランさん。

 

 

よねださん滋賀、ランさん神戸(兵庫)、

きのした大阪です。

 

 

位置関係はこんな感じ。

f:id:LONGSLEEPER:20170722220816j:plain

ほなら会場は三人の中間地点くらいの、

大阪でどや?

 

 

というわけで

 

 

新大阪駅近くの

「おけいこはうす」さんに決定。

 

 

JR新大阪駅から歩いて約5分くらいで、

スペースもちんまりしていて、

イイ感じのお部屋でした。

 

 

 

着いたらカンタンな資料をお渡しして、

さっそくレッスンはじめー。

f:id:LONGSLEEPER:20170721164032j:image

 

  

f:id:LONGSLEEPER:20170721164339j:image

 

最初にちょっと眉や眉コスメ、描き方や

チカラの入れ方の説明。

 

次は片眉は描かせてもらって、

反対側はご自分で練習ね。

 

f:id:LONGSLEEPER:20170721164047j:image

 

 

やはりどーしても力が入って

筆圧が高くなってしまうらしい…。 

 

 f:id:LONGSLEEPER:20170721164322j:image

 

これも好みなんだけど、

きのしたは眉は主に「ペン」で描く派で、

自眉を活かしたい派。 

 

自眉の形をできるだけ活かして、

毛流れが見えるくらいがの濃さが好き。

 

でも、締めるところは締めたい。

 

 

そしてビフォーアフターがこちら。

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20170721164214j:image

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20170721164226j:image

 

早く描いちゃいたい!

って思う気持ちをおさえて、

マユゲは「薄いのを何度も重ねる」感じで

ゆっくり描いてねー。 

 

 

ランさんがレポート記事書いてくれたので、

ぜひ読んでみて!!

ameblo.jp

 

 

こんな感じの「眉レッスン」、

リクエストがあれば開催しますよ。

 

2名~3名さまで2時間、お1人3,000円、

場所は今回と同じ新大阪です。

お気軽にお問い合わせ

くださいましなー(^O^)/

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSpckeIRnM