カッコイイおばあちゃんになるための普段着格上げアドバイザー*きのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

大阪と京都で活動しているアラフィフからのファッションドバイザーきのしたふみです。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

何度でも、同じことでも、わかるまでたずねてください。

 

 

モノの覚え方には、

  

1・アタマで理解する人

 

2・実践と微調整を繰り返してしか

理解できない人

  

という2パターンがあるようです。

 

 

 

アタマで理解する人は、

モノを覚えるのは早いんだけど、

理解度がどうも「浅い」人が多い傾向。

 

 

実践と微調整を繰り返して理解する人は、

モノを覚えるのが異常に遅いんだけど、

理解度が「深い」人が多い傾向。

 

 

どっちがいいとか悪いとかじゃなくて、

なんかもう、持って生まれた性質だから、

しょうがない気がします。

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20170622165553j:plain

 

 

これ、

太極拳を習ってるときに気がつきました。

(今年1月にやめたけど)

 

 

わたしは2で、

「モノ覚えが異常に遅い」

ってことに子供のころから

コンプレックスを抱いてました。

 

バカなんじゃないか、

アタマが悪いんじゃないかと思ってた。

 

 

太極拳でも「流れ」が覚えられない。

 

 

この動作の次はなんだったか、

ってことがなかなか覚えられない。

 

 

逆に、

同じ時期に教わっても

すぐ覚えてしまう人もいる。

 

 

「あーあ、ダメだわ、わたし」

って自分でも落ち込むし、

 

先生に何度も同じことをたずねる

自分もイヤ。

 

 

かといって、

わからないことをそのままにもできず、

自分でもうんざりしつつ、

やっぱり先生に質問せざるをえない。

 

 

 

そのうちに気づいたんです。

 

 

その「すぐ覚える人」は、

「わからないことがあったら、

自分で創作しちゃう」ってことに。

 

 

それに、

浅いところでしか覚えないから、

「なぜそうなるか」

「カラダのどこを使うか」

みたいなことまでは考えない。

 

 

モノ覚えの早い人が

みんなそうだというわけでは

ないでしょうが。

 

 

何事にも、

メリットとデメリットがあるもんだなあ、

ってことですね(*^^*)

 

 

 

なので、

きのしたには何度同じことを

聞いてくださっても大丈夫です。

わたしがそういうタイプだし(笑)

 

 

しみこませて覚えたことは、

長続きしますから。

 

 

 

質問や相談し放題です♡

『90日外見磨きレッスン』

募集しています↓

longsleeper.hatenablog.com