読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪・京都 45才からの普段着格上げアドバイザーきのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

大阪と京都で活動している40代からのファッションドバイザーきのしたふみです。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

服のコーディネートが全くわからない人へ  9(全10回)

 

 

9・40代からは「服の印象」も重要なんです。

 

 

骨格がカバーでき、色が似合っていても、

作業着感、ラフ感、カジュアル感が多いと、

安っぽく見えます。

 

 

顕著な例が、ダメージジーンズ。

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20170421090956j:plain

 

これでスニーカーだったら、

部屋着でそのまま出てきた人になるの、

おわかりでしょうか?

 

 

スニーカーでも、

キレイめでオシャレなものや、

履きこんでないキャンバスシューズなら

まだマシだけど。

 

 

だから、

作業着感、ラフ感、カジュアル感の強いものは、

「これ、ワザとラフなの着てるんですよ感」を

出すとバランスが取れます。

 

 

上のようなダメージジーンズが履きたいなら、

 

・ハイヒール

・キレイめのシャツ

・清潔感のあるヘアスタイル

・メイク

・上質(そう)なアクセサリーやバッグ

 

これらを総動員して、

 

 

汚いダメージジーンズは

ワザと、オシャレで

履いてるんですよ感

 

を出す、というわけです。

 

 

 

そこまでしてやっと、

 

このダメージを履いているのは、

決してわたしが、

お金がないからとか、

身なりにかまってないから、

ではないのですよ

 

という意味になります。

 

 

 

 

5/21(日)東京銀座 13時~16時(3時間)

レッスン空きがあります。お待ちしてます!

longsleeper.hatenablog.com

 

 服のコーディネートが全くわからない人へ 1~3(全10回)

 

服のコーディネートが全くわからない人へ 4~6(全10回)

 

服のコーディネートが全く分からない人へ 7 (全10回)

 

服のコーディネートが全く分からない人へ 8(全10回)