読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

45才からのファッションアドバイザーきのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

40代からのファッションドバイザーきのしたふみです。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

ウザいくらいオススメしている「靴を履いた全身自撮り」

 

 

 

講座やコンサルに来てくださった方に

必ずオススメしているのが

「靴を履いた状態での全身自撮り」。

 

 

 

 

それも、ただオススメしてるのではなく、

激しくオススメ

うざいくらいススメる。

 

 

 

 

だって、これ続けてると、

確実に

キレイになれるんだもん。

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20170131082902j:image 

 

 

 

なぜ

「靴を履いた状態での全身自撮り」

なのか理由は2つ。

 

 

 

1・自分のバランスがわかる

 

 

 

具体的に言うと、

 

ヘアスタイルのボリュームは適切か、

トップスのボタンをいくつ開ければいいのか、

これを着ると太って見えるのか

やせて見えるのか、

安物感がするのか、などなどが

自分でわかる。

 

 

自分でわかると、

補正や修正ができるわけです。

 

 

 

 f:id:LONGSLEEPER:20170131082945j:image

 

 

 

そして2つめ。

 

2・他人から見た自分がわかる

 

 

だから「靴を履いて」

全体のバランスがわかるようにします。

 

 

他人にとってのあなたは、

「靴を履いた全身、であなたである」

 

 

他人はあなたの顔だけ、上半身だけを

見ているわけではありません。

 

 

靴を履いた全身を、

一瞬にして目でとらえているのです。

 

 

実際、

あなたが他人を見るときもそうですよね。

 

 

他人の姿は、目のはしで、

全身を一瞬にしてとらえる。

 

 

それを再現するのが、

「靴を履いた状態での全身自撮り」

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20170131083312j:plain

 右と左、どちらの自分で生きていくか、選択ができます。

 

 

 

自分を客観的に見ることができると、

こうなりたい、

こう見せたい、という

自分の理想に向かって

工夫や修正や努力をしていける。

 

 

 

有名人がキレイになっていくのは、

「見られている」という意識と、

イヤでも自分の姿を目にするから。

 

 

その状態を自分で作るんですな。

 

 

 

 

自分の現実を目の当たりにするので、

最初は少々つらいかもですが、

キレイになれること、

保証つきー!!

 

 

 

ぜひやってみてね(*^^*)

 

 

 

longsleeper.hatenablog.com