カッコイイおばあちゃんになるための普段着格上げアドバイザー*きのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

大阪と京都で活動しているアラフィフからのファッションドバイザーきのしたふみです。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

言い訳をやめるとモノゴトが前に進むよね

 

 

ほんとにやりたい人、やる人は

 

「でも〇〇だから…」

 

てな言い訳はほとんどしません。

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20170119075039j:image

 

 

この日のクライアントさまは、

山本愛さん。

生後七か月のお子さまとともに

来てくださいました。

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20170119075054j:image

 

いろいろお店まわるけど、

山本さんもお子さまもしんどくないかなあ、

 

 

と思っていたのですが、

 

 

山本さんは目をキラッキラさせて

たくさん質問してくださるし、

お子さまはいつの間にか寝てしまうしで、

スムースに進行させていただきました。

 

 

 

すぐ言い訳する人なら、

 

「オシャレはしたいんだけど

コドモが小さいし」

 

「〇〇さんはお金や体力、

精神面、オットのサポートが

あっていいよね」

 

 

とかなんとか言っちゃうんだろうな。

 

 

 

うん、いいんですよ。

わたしもそうだったから。

 

 

コドモが小さいうちは

毎日余裕がなくて、

服とか美容とかどうでもよかった。

 

 

でもね、

それを責任転嫁しないことが大事だと思う。

 

 

コドモが小さいから、

お金がないから、

余裕がないから、

オットのサポートがないから、

じゃなくて、

 

 

自分が今は

やりたくないから

 

なのですよ。

 

 

 

今は、

「やらない」を選んでいる、

ということ。

 

 

もうちょっとしたら、

ヤル気になるかもしれないけど、

とりあえず今は、

自分の意志で「やらない」を選んでいる。

 

それを意識してほしい。

 

 

 

やる気のある方は応援したいから、

山本さんには「自撮り」

送っていただき、

そこにきのした目線でアドバイス、

という「自撮り赤チェック」

していただいてます。

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20170119081355j:plain

 

f:id:LONGSLEEPER:20170119075105j:image

 

山本さんは、お子さんが小さいから

・日常ヒールが履けない

・アクセサリーなどが付けにくい

・汚れてもいい服

などなど制限はありますが、

すぐに言い訳しないからスゴイなと思います。

(わたしだったらすぐ言い訳してたぞー)

 

 

この全身自撮りは、

自分のバランス、

自分がどう見えるかがわかるので、

ジョーにオススメ。

 

 

別にきのしたに提出しなくても、

全身自撮りを続けるだけで

オシャレになれること、保証しますよー。