読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪・京都 45才からのファッションアドバイザーきのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

大阪と京都で活動している40代からのファッションドバイザーきのしたふみです。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

「SNSでの発信も変わってきたと思います」【セラピスト清水さんのご感想2】

 

 

 


きのしたさんと会って、それをブログにしたりしながら、
最近「それっぽく」振舞って たな-と思いました。

周りを見て、セラピストらしく、癒しの雰囲気で、
服装もおとなしく、髪も暗めに…と 。

いや、そんな必要ないんちゃうん?と目が覚め、
とりあえず髪の色を変えて、服を買いました。

SNSでの発信も変わってきたと思います。
良くも悪くも覚醒した感じです。

f:id:LONGSLEEPER:20161212083321j:plain

[奈良・香芝] むくみ、たるみ改善リンパトリートメント・大人女性のゆったりサロン・sayang サヤン

 

 

 清水さんご感想ありがとうございます。

 

 

「それっぽく」が必要な場合や、

必要な方というのもおられるので、

イチガイには言えないのですが。

 

 

「そういうの、別にやらなくていいよねえ?」

 

とか、

 

「あー楽しくない」

 

って感じてらっしゃるのなら、

 

 

あたしはあたしだ

と自分の「楽しい・好き羅針盤」に

従ってみればいい、とわたしは思う。

 

 

 

セラピストだから、〇〇だから、って

判で押したようなのは、

わたしがお客さんの立場なら、

なんかつまらない。

 

 

 

これといった特徴がないなら、

その人じゃなくて、

誰に施術してもらっても同じなわけです。

 

 

 

お客さまを思う気持ちがあれば、

毒舌であろうと、

派手なカッコしてようと、

かまわない。

 

 

「ご本人が楽しそうかどうか」

が、問題になってくるんじゃないかなあ。

 

 

 

ま、イメージというのもありますし、

外野の声もありますけど、

その人たちが何かやってくれるわけでもなし。

 

 

 

「気にかけてくれてありがとう」で

終わっときましょうか(*^^*)

 

 

「FBで会ってみたいなと思ったから」【セラピスト清水さんのご感想1】 - 普段着アドバイザーきのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

 

 

 

 清水さんの受けてくださった

サービスはコチラです↓

ameblo.jp