読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪・京都 45才からのファッションアドバイザーきのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

大阪と京都で活動している40代からのファッションドバイザーきのしたふみです。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

最近のコーデ3種と【きのした流】服の合わせ方と選び方のコツ

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20161126221446j:plain

 

鮮やかな赤に目をひかれた

マオメイドのセーター。

 

色だけでなく、

・前身頃が短め、後ろ身頃が長め

・Vネックだけど一枚で着られる浅さ

という「きのしたに似合う条件」が

揃っているので試着して即、買い。 

 

 

自分の骨格の特徴をわかっていると、

それを服の特徴で補正できるのよ♡

 

 

ジーンズは無印、

靴はドクターマーチン。

 

 

 

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20161126221512j:image

 

40代以降がパーカーを着るなら、

・パーカー以外、キレイめにすること

というのがきのした流。

 

 

新しくパーカーを買うとすればわたしなら、

 

◆色は杢調は避ける

(ジャージ感が強いため)

◆スウェット地よりニット地などの方が

「よりキレイ」に着ることができる

◆できればダブルジップ

(見せる分量を調節しやすい)

 

という条件で選びますね。

 

 

パンツは10年以上履いてる

ベティスミス。

麻混なので年中履きます

 

 

靴は、形が好きすぎて、

何年もの間、

何度も買いなおしている

FOOT ARTの革のスリッポン。

 

 

革だから、ブーツだから、麻だから、

と季節を限定するより、

 好きな服やコモノは年中使います。 

 

 

  

 

f:id:LONGSLEEPER:20161126221524j:image

 

特になんちゅーことない

コーディネート。

 

メンズテイストの

ちょっとブカッとした

ストレートジーンズを活かしたくて

素朴さをねらってはおります。

 

メガネも同じく、素朴さをねらって

「ボストン型」にしてみました。

 

靴も素朴な茶色の

トリッペン トディ。

 

 

 

緑のコートは3年目。

 

この緑色、マル襟、

少しAラインのステンカラー、という、

「きのしたに似合う条件」。

めっちゃ気にいってます。

 

 

好きな服だとほんと、

長い間、飽きないんですよね。

 

 

そういう生き方に移行していきたい方、

第一歩の考え方、教えます↓

 

40代からの普段着アドバイザー きのしたふみ

 

ameblo.jp