読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪・京都 45才からのファッションアドバイザーきのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

大阪と京都で活動している40代からのファッションドバイザーきのしたふみです。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

現実的で合理的な提案のできるセラピスト清水さん

 

 

 

自称「天然だからエラい人にも

ガンガン話しに行っちゃう系」と

それをかわいがる人のくり出す茶番が

お約束すぎてくだらない。

 

 

という意見で一致した、

「プライベートサロン・サヤン」

セラピスト 清水さや香さん。

 

 

 

 

「きのしたと話そう」という

「きのしたと話すだけ」のサービスを

受けてくださいました。

 

 

 

清水さんもわたしも好きな、

タイ料理のお店で合流。

 

 

 

菩薩さまのような

ふくふくとした雰囲気の

清水さんは、

開店前からすでにお店にイン。

 

 

しばらく店前で待っていたわたしの立場は~、

とか言いつつ、注文を済ませてさっそく

いろいろお話開始。

 

 

すると冒頭のような話になったわけです。

 

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20161114100058j:plain

 

 

 

お話を進めていくうちに(雑談)、

清水さんもいわゆる「ハミ出し者」

だということがわかりました。

 

おっとりとした雰囲気でありながら

「保護者の集まりは

必要がなかったら行かない」

などなど、考え方がわたしと似ている…

そらハミ出すわけや…

 

 

 

タイ料理のあとは三番街でケーキ。

 

 

わたしが注文したモンブラン(ヌ)

モンブランは最後に小さいヌを入れて発音したくなる。

f:id:LONGSLEEPER:20161114100108j:plain

 

 

そこで、

オオヤケにできない話のアレコレ(笑)

 

 

 

デカ過ぎて清水さんのケーキなのに撮影。

f:id:LONGSLEEPER:20161114100118j:plain

 

あまりに雑談なので、

 

もしかするとお話ししたい内容は

こんなことじゃないのかもしれない!

 

と、途中で「お話ししたいことがあったら

おっしゃってくださいね」と

急に仕事だったことを思い出すわたし。

 

 

 

セラピスト、といっても

清水さんはホワンホワンしてなくて、

しっかりと地に足のついた感じがヨイ

 

 

感謝です、お金じゃありません、

「○○が見えます」、

そのままでいいんですよ、

 

みたいなことも

一理あるのは踏まえつつ、

現実的で合理的な提案のできる方だなあと

感じました。

 

 

清水さんありがとうございました!

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20161114100126j:plain

 

 

最後はあやうくご一緒にお写真。

ふー、また撮り忘れるとこだったぜー。

 

 

 

●清水さんのサロンへのアクセスはコチラ↓

[アクセス] ご案内まとめ

 

 

●清水さんのブログはコチラ↓

ameblo.jp