アラフィフからの普段着格上げアドバイザー*きのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

大阪と京都で活動しているアラフィフからのファッションドバイザーきのしたふみです。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

40以上で「服がイタい感じになっちゃってる人」は  

 

 

 

愛され妻の普段着アドバイザー、

きのしたふみです。

(今これがマイブームな名乗り方)

 

 

 

 

40才以上で

『かわいい服がイタい感じに

なっちゃってる人』は、

 

 

「自分で思う自分」と

「実際の見た目」との

離れ具合に気がついてない

 

 

 

 

「まだ この服でイケてるわたし」

ってどっかで思ってる。

 

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20161109081630j:plain

好きなのはわかったから部屋着で頼む!! ってなる。

 

 

 

 

極端に言うと、

そういう人が10代のころと

変わらない感覚で

AKBの制服を着たらどう見えるか?

という話。

 

 

 

確かにサイズ的には

着れているかもしれない。

 

 

 

 でも、「サイズ的に」っていうだけ。

 

 

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20161109081237j:plain

 

 

 

40以上になってくるとどうしても、

髪のツヤ、顔のタルミ、カラダのゆるみ

なんかが出てきます。 

 

 

それをヒトは「不潔感」と認識する。

 

 

 

だから年齢を重ねると、

それを「不潔感」ではなく

「エイジング」に見せる工夫が

必要になってくるのです。

 

 

 

 

10~20代が映える服と、

40代以降が映える服は

違うんだよーーー!!

 

 

 

f:id:LONGSLEEPER:20161109080626j:plain

 

 

 

 

10~20代は人生の練習期間です。

服だってナニ着ても似合う。

 

 

 

40代になったら、

流行よりも「自分のスタイル」を

「わたしはコレが好き」を

見つけたほうが、カッコイイ。

 

 

 

逆に、

「それをわかってない人が多いから、

ボンヤリした感じの

オバサンやオバーサンが

ちまたにあふれている」と言える。

 

 

 

 

だから、40代の以降になったら、

あなただけの個性である骨格や

自分が映える色をアタマに入れて

服選びをすべきなのです。

 

 

 

 

やたら流行を気にしたり、

手当たり次第に服を買うの、

もうやめませんか?

 

 

 

 

きのしたがあなたと向き合う三時間。

中身も価格もオトクな

40代からのファッションコンサルはコチラ↓

ameblo.jp