カッコイイおばあちゃんになるための普段着格上げアドバイザー*きのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

大阪と京都で活動しているアラフィフからのファッションドバイザーきのしたふみです。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

40過ぎたら「流行の服」より「好きな服」

 

 

まあ、楽しいならやってもらって

ぜんぜんかまわないのですが。

 

 

 

 

40過ぎて、

「ザ・流行りの服」着てるのって、

正直、能がないなあと思う。個人的に。

 

 

 

 

もともと自分自身、

流行に興味がないからかもしれないけれど、

40代以降の人が流行の服を着てても

「だから?」と思う。

 

 

 

 

流行の服を着ておけば

オシャレだと思ってる

その浅さが好きじゃない。

 

 

 

 

それよりも、40過ぎたんだったら、

自分の色を出せるよう練習していかないと。

 

 

 f:id:LONGSLEEPER:20161007181118j:image

 

 

おおげさだけど、

服って「わたしはこう生きていきます」

「こういう人間です」

「こういうシュミです」

というのを端的にあらわすもの。

(服に重きを置かないヒトはさておき)

 

 

 

 

それが40過ぎて、

まるまる流行の服ってどうなん。

 

 

 

 

ほんとに好きな服、着たい服を着る。

それが「自分」になっていきます。

 

 

 

 

できれば、

好きな服を

似合うように着れたら

なおよし♪

 

 

 

 

ステキなおばあちゃんになるために、

今からできること、ここにありますよ。

      ↓↓↓

 

ameblo.jp