読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪・京都 45才からの普段着格上げアドバイザーきのしたふみの「いくつになっても普段着を上品カッコよく」

大阪と京都で活動している40代からのファッションドバイザーきのしたふみです。カッコイイおばあちゃんになるために、服のこと、きのしたの思うこと、ひとつでもあなたのお役に立つとうれしいです。

骨格では向いてなくても好きな服なら着よう!

 

 

骨格診断やカラー診断ってね。

「いらんことに迷う時間を短縮したい」

って方に向いてるかなあと思う。
 

 

 f:id:LONGSLEEPER:20161004121338j:image

 


「診断受けてからよけいに着るものが

わからなくなった」って方よくおられるけど、

骨格診断もカラー診断も

「ベストはこう」って言ってるだけだから、

好きなもん着たら

いいんですよ!
 

 

 

 

できたら診断結果に沿って、

服が着れるとベター。
 
 


たとえばストレートさんって

言われたとします。
 

 

そしたら、


 
・首元スッキリさせる


・ロング目のネックレスやロングカーデで
タテラインを作る

 

・「好きな服」が似合わない要素が強ければ
得意アイテムと合わせて似合わない要素を
最小限におさえる
 
 
といった感じで「好きな服」って

着れるんですよね。
 

 


「ストレートって言われたから、

もうこれ着れない」ってことはない。

 

f:id:LONGSLEEPER:20161004121440p:image

 

 
そりゃ、ストレートど真ん中の服よりは

もっさく見えるかもしれないけど

(これはあきらめよう)、

その「もっさい要素」を上述したように

最小限にとどめる工夫はできます。

 

 

  
もしこれからアドバイスしてもらうなら、

そこまで教えてくれるアドバイザーを

選んだ方がいい。

 

 

 

「あなた〇タイプです、終わり」

みたいなのは、

「あなたの星座は〇です、終わり」

って言ってるのと一緒。
 

 


「じゃあ、これからどうしたらいいのか」

そこまで教えてくれる人を選びましょう!

 

 

 

ameblo.jp